【抗菌スプレー】厳選おすすめランキング!安全かつ高い効果を発揮する人気商品を徹底比較で紹介します!

危険!アルコールを含む除菌スプレーの正しい使用方法と注意点

公開日:2021/11/15

アルコールを含む除菌スプレーは、使用方法を間違えてしまうと、とても危険です。そのため、正しい使用方法を理解しておく必要があるでしょう。そこで今回の記事では、アルコール除菌スプレーの正しい使用方法と注意点を解説します。自分の身を守るためにも、しっかりチェックして正しい使用方法を覚えて除菌スプレーを使いましょう。

アルコール除菌スプレーの正しい使い方

清潔な空間を保つためにも、アルコール除菌スプレーを使用している方は多いと思います。しかし、アルコール除菌スプレーは使用方法を間違えてしまうと、身に危険が及んでしまうことも考えられます。

水気がある場所では使用しない

アルコール除菌スプレーを、キッチンなどの水回りで使用している方も多いでしょう。また、物や手の表面が濡れた状態で、アルコール除菌スプレーを使用している方もいるでしょう。

しかし、アルコールは、水気と交わってしまうと、濃度が低下してしまいます。濃度が低下すると、アルコール本来の効果を発揮できません。そのため、アルコール除菌をする際は、水気を拭き取り、乾燥した状態で使用するようにしましょう。

空間噴霧を控える

アルコール除菌スプレーを、空間噴霧すると、皮膚や目に付着したり、吸い込んだりしてしまう恐れがあります。そのため、空間噴霧は控える必要があるでしょう。空間噴霧については、厚生労働省やWHOも推奨していません

また、アルコール除菌スプレーの空間噴霧は、科学的に効果があると立証がされていないです。身の安全のためにも、空間噴霧は控えるようにしてください。

噴霧する場所に注意する

アルコール除菌スプレーの正しい使い方は、気になる部分にだけ噴霧することです。しかし中には、噴霧してはいけない場所や素材があります。とくにアルコール除菌スプレーは、引火性のある薬剤なため、火を扱うような場所では、使用することは控えましょう。

そのほか、家電やコンセントのスイッチ近くで、アルコール除菌スプレーを使用すると、感電してしまう恐れがあります。アルコール除菌スプレーを噴霧する際は、危険な場所ではないか、確認するようにしましょう。

噴霧後すぐに拭き取らない

アルコール除菌スプレーは、気になる部分に液が接触している際、効果を発揮します。そのため、噴霧後すぐに拭き取ってしまうと、効果を最大限発揮できません。

拭き取る際は、アルコール除菌スプレーを噴霧してから、10秒~30秒ほど待つようにしましょう。また、拭き取る際に使用するタオルにも液をつけておくと、しっかりと除菌ができるでしょう。

引火しやすいメチルアルコールは危険!

アルコール除菌スプレーの代わりに、メチルアルコールを使用している方も多いのではないでしょうか。同じアルコールではありますが、メチルアルコールを代用で使うことは控える必要があります。なぜなら、メチルアルコールは引火性が高いため、万が一引火してしまうと大きな火災が起きてしまうかもしれません。

メチルアルコールを噴射した量にもよりますが、摂取してしまうと、めまいや吐き気、意識障害などを起こす恐れがあります。最悪の場合は、落命や失明してしまうため、メチルアルコールの使用は控えるようにしましょう。

アルコールスプレー以外にも菌やウイルスを死滅させる方法がある

アルコール除菌スプレーは、火を扱うような場所や家電の近くで、使用ができません。そのため、アルコール除菌スプレー以外の除菌方法も知っておく必要があるでしょう。アルコール除菌スプレーを使用しない、菌やウイルスの死滅方法を紹介するので、参考にしてください。

次亜塩素酸水ナトリウム溶液を使用する

次亜塩素酸ナトリウム溶液は、水道の蛇口や食器、調理器具に使用ができます。また、一般的に市販で販売されている次亜塩素酸ナトリウム水溶液は、引火する危険性も少ないです。

さらに、食品添加物にも指定されているため、家庭の台所にも使用ができます。そのため、キッチンを消毒したい方は、次亜塩素酸水ナトリウム溶液を使用するといいでしょう。

手洗いをする

流水による手洗いをするだけで、ウイルスの数は100分の1まで減らせます。さらに、ハンドソープや石鹸で手洗いをすると、1万分の1まで減らすことが可能です。また、手洗いで洗い流すと、消毒液を使用する必要がありません。そのため、指や手についたウイルスの対策をしたい場合は、手洗いをするといいでしょう。

熱水にさらす

ウイルスや菌は、熱水消毒で死滅できます。そのため、食器や箸を除菌したい場合は、熱水することがおすすめです。やり方は、80℃の熱水に10分間、消毒したい物をさらすだけです。熱水を扱うことになるため、やけどには注意するようにしましょう。

 

アルコール除菌スプレーは、使用方法を間違えると、身に危険が及ぶ可能性があります。使用する際は、周りを見渡してから、噴霧するようにしましょう。万が一アルコール除菌スプレーが使用できない場合でも、次亜塩素酸ナトリウム水溶液で代用すると、消毒ができます。そのほか、手洗いや熱水でもウイルスや菌を死滅させることができるので、覚えておくといいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【抗菌スプレー】おすすめランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名アドバンスコート
(株式会社オプス)
ハイドロAG+
(富士フィルム株式会社)
ルネキャット
(東芝マテリアル株式会社)
光触媒スプレー
(シャープ)
ケスキン
(株式会社TWO)
特徴①場所を選ばず抗菌できる! アレルギー対策にも効果的医療製品の開発に特化した富士フイルム製!大手企業による安心の独自開発商品!空気清浄機やマスクが人気のシャープ製スプレー!弱い光に反応する製品ではじめてPIAJマークを取得
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく