【抗菌スプレー】厳選おすすめランキング!安全かつ高い効果を発揮する人気商品を徹底比較で紹介します!

除菌グッズの使用期限は?正しい保管方法も知ろう

公開日:2022/01/15

除菌グッズの使用期限を過ぎてしまうと、殺菌効果が薄れてしまいます。そのため、除菌グッズの使用期限を把握しておくことは重要です。また、除菌グッズは、間違った保管方法で置いておくと、劣化が早まってしまいます。こちらの記事では、除菌グッズの使用期限や正しい保管方法を紹介します。あらかじめチェックしておきましょう。

使用期限はどれくらい?

除菌グッズには、使用期限があります。使用期限が過ぎると濃度が低下してしまうため、除菌効果が薄れてしまいます。しっかりと消毒するためにも、除菌グッズの使用期限や確認方法を知っておきましょう。

未開封のアルコール消毒液の使用期限

未開封のアルコール消毒液の使用期限は、製造から3年間だといわれています。中には使用期限が短いアルコール消毒液もあるため、念のためパッケージに記載されている日付を確認しておくと安心です。

また、アルコール消毒液は、保管方法が悪ければ、劣化しやすくなります。アルコール消毒液を保管する際は、高温多湿な場所や直射日光を避けるようにしましょう。

開封したアルコール消毒液の使用期限

基本的にアルコール消毒液は、開封後であっても、パッケージに記載されている使用期限まで使うことが可能です。ただし、容器の中に細菌が入ってしまうと、劣化が早まってしまいます。

とくに市販のアルコール消毒液は、安全性を考え、濃度が薄く作られているため、汚染を受けやすいです。そのため、アルコール消毒液を使用する際は、キャップの閉め忘れには注意してください。

詰め替えたアルコール消毒液の使用期限

アルコール消毒液を、別の容器に詰め替えて使用している方も多いと思います。ただし、アルコール消毒液は、空気に触れると酸化してしまいます。そのため、アルコール消毒液を別の容器に詰め替えた場合は、早めに使い切る必要があるでしょう。

持ち歩くために詰め替えを考えている方は、小さな容器に詰め替えることがおすすめです。

除菌用ハンドジェルの使用期限

除菌用ハンドジェルの使用期限は、パッケージに記載されています。中には、使用期限が記載されていない場合があります。

また、除菌用ハンドジェルは持ち運びができるため、バッグの中で転がされ、使用期限が確認できないことも考えられるでしょう。そのような場合は、除菌用ハンドジェルの最低有効期限である、1年以内に使用するといいでしょう。

除菌シートの使用期限

除菌シートの使用期限は、パッケージに記載されています。ただし、除菌シートが乾いてしまうと、除菌効果には期待できません。また、乾いた除菌シートを再利用することは難しいため、使う分だけ取り出し、すぐに容器を閉めるようにしましょう。

使用期限がきれてしまったものは使わないほうがいい?

多くの消毒液の場合は、基本的に品質を3年間保てます。また、擦ることによって起きた摩擦と液体によって、細菌を多少除去できます。そのため、使用期限がきれた場合でも、3年以内であれば使用することは可能でしょう。しかし、パッケージに処分することが推奨されている場合は、指示に従うようにしてください。

そのほか、5年や10年と長い時間が過ぎていると、容器の成分が溶けている可能性があります。多少効果がある場合でも、肌トラブルが起きる可能性があります。身の安全のためにも、なるべく3年が過ぎた消毒液は、処分するようにしてください。

アルコール消毒液の処分方法

アルコール消毒液の使用期限があまりにも過ぎている場合は、処分する必要があります。しかし、アルコール消毒液は、引火する恐れがあるため、処分する際は注意しないといけません。

アルコール消毒液を処分する場合は、原液に対して5倍の水で薄めて捨てることがおすすめです。基本的にアルコール消毒液は、薄めて多量の水と一緒に流してしまえば問題なく処分できます。

しかし、キッチンのシンクで処分してしまうと、引火の原因になる恐れがあります。そのため、洗い流す場合は、洗面所を利用するといいでしょう。そのほか、トイレに流すと、消毒や消臭効果が期待できます。

また、アルコール消毒液を処分する際は、換気やゴム手袋の着用を忘れないようにしましょう。

正しい保管方法は?

アルコール消毒液は、品質が安定しているという特徴があります。また、アルコール消毒液が入っているボトルは、揮発しないように作られています。そのため、高温多湿な場所や直射日光を避けると、使用期限まで使うことが可能です。

しかし中には、アルコール消毒液を詰め替えたいという方もいると思います。そのような方は、アルコールに対応しているボトルに詰め替えることで、劣化を遅らせられるでしょう。アルコール消毒液を詰め替えて使用する際は、なるべく早く使用するようにしてください。

 

除菌グッズは、使用期限が過ぎてしまうと、濃度が低下してしまうため、除菌効果が薄れてしまいます。そのため、なるべく使用期限内に使い切るようにしましょう。また、万が一使用期限が過ぎてしまった場合は、肌トラブルを防ぐためにも処分することがおすすめです。

処分する際は、アルコールに引火しないようにする必要があります。5倍の水で薄め、洗面台やトイレに、水と一緒に洗い流すようにしましょう。そのほか、換気やゴム手袋の着用も忘れないようにしてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧

【抗菌スプレー】おすすめランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名アドバンスコート
(株式会社オプス)
ハイドロAG+
(富士フィルム株式会社)
ルネキャット
(東芝マテリアル株式会社)
光触媒スプレー
(シャープ)
ケスキン
(株式会社TWO)
特徴①場所を選ばず抗菌できる! アレルギー対策にも効果的医療製品の開発に特化した富士フイルム製!大手企業による安心の独自開発商品!空気清浄機やマスクが人気のシャープ製スプレー!弱い光に反応する製品ではじめてPIAJマークを取得
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく