【抗菌スプレー】厳選おすすめランキング!安全かつ高い効果を発揮する人気商品を徹底比較で紹介します!

意外と知らない!細菌とウイルスの違いとは?

公開日:2021/08/15

近年では、とくに感染症から身を守る対策を講じることが重要視されています。しかし、感染症を引き起こす細菌とウイルスの違いについて、詳しく知っている人は多くありません。身を守るためには細菌とウイルスの違いについてしっかりと把握し、対策を講じる必要があります。そこで今回の記事では、それぞれの違いについて詳しく解説しましょう。

細菌とは

細菌とは主に細胞をもち、自己複製能力を備えている微生物のことを指します。人間と同じように細菌も細胞を有しているので、生命のある個体だといえるでしょう。

細菌は目に見えないほど微小な生物であるため、どこに付着しているのかわかりません。しかし日常生活を送るうえでは、いつでも最近体の中に侵入してくる可能性はあるのが事実です。

細菌は栄養となるものがあれば、自分と同じ細胞を有した細菌を複製して増やすことができます。そのため一度人の体に侵入した後は、体内にあるものから栄養を蓄え細菌を複製し、病気などを引き起こすものもあるようです。

細菌の中にはとくに注意しなければいけないものもあります。もっとも、人体に有害な細菌だけしか存在しないというわけではありません。納豆菌など、人が生活する上で必要な細菌も存在しています。

私たち人間の身体には、外部から侵入する細菌だけではなく、すでに数多くの細菌が体内に存在しているのです。皮膚の表面や腸の中の環境を保っている細菌も存在します。

逆に人に病気を引き起こすような細菌としては、以下のようなものが有名でしょう。

・大腸菌
・黄色ぶどう球菌
・結核菌
・百日せき
・梅毒
・ジフテリア
・マイコプラズマ肺炎
・コレラ
・赤痢
・O157

上記のうちのいくつかは、聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。上記などの細菌が引き起こす病気を防ぐために、人間は抗菌薬・抗生剤・抗生物質などの薬を開発しました。

もっとも、薬が効きにくい細菌も存在しており、薬が効かなくなってしまうと上記のような感染症が治りにくくなってしまい、結果として重症化してしまう可能性が高まります。そのため現在でも世界中で、さまざまな細菌に関する研究が行われているのが現状です。

ウイルスとは

ここまで細菌に関して解説してきましたが、同じようなものとしてウイルスが挙げられます。もっとも細菌が生き物であったのに対して、ウイルスは以下のような理由から生き物ではないと考えられているのが大多数の意見です。

・細菌とは異なり細胞がない
・増殖するのに栄養を摂取したりしない
・ウイルス単体では増殖できない
・ウイルスが自分で動くということができない

ウイルスに関しては細菌とは異なり、自ら動いて増殖することはできません。動物や植物の細胞の中に入り込んで、すでに存在している細胞をうまく使って自分を増殖させています。ウイルスが原因となって発する感染症の主な例は以下の通りです。

・エボラ出血熱
・おたふく風邪
・インフルエンザ
・風疹
・ウイルス型肝炎
・コロナウイルス
・ノロウイルス

いわゆる風邪のような症状を引き起こすのが、ウイルスによる感染症の主な共通点といえるでしょう。

細菌やウイルスから身を守る対策

細菌やウイルスから身を守るためには、どのような対策を取ればよいのでしょうか。以下では、細菌やウイルスから身を守る対策について紹介していきましょう。日常に取り入れて実践してください。

手洗いうがいをしっかりとする

細菌やウイルスとは基本的に外部から侵入してくるものであり、体内に取り込まなければ感染することはありません。そのため基本的なことではありますが、手洗いうがいをしっかりすることは重要です。飲食の際に、細菌やウイルスが付着したままの手で食べ物を口に運んでしまうと、感染する確率が高まってしまいます。そのため、家から帰って来た時や食事をする前には、必ず手洗いうがいをするという癖をつけておきましょう。

食事に注意

細菌やウイルスは体内に取り込むことによって感染症を引き起こすため、人間が一番注意しなければいけないのは食事です。食事をする際には、食材そのものに細菌やウイルスが付着していないか、自分や家族の手は清潔であるかなど、考慮すべきポイントが多々あります。

上記でも紹介したように手洗いうがいをしっかりすることはもちろんのことですが、食事において重要な食材に関しても衛生面に配慮して管理することを心がけましょう。また、細菌やウイルスが発生する可能性の高い生鮮食品に関しては、できるだけ火を通して口に入れるよう心がけると、細菌やウイルスを体内に侵入させるリスクは軽減させられそうです。

 

細菌とウイルスに関してはそれぞれ違った特徴を有していますが、身を守る対策に関してはほとんど同じです。手洗いうがいをしっかりと習慣づけ、細菌やウイルスを口に運ぶ可能性のある食事に注意することが重要だといえます。感染症にならないように、普段からしっかりと対策する意識をもっておきましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【抗菌スプレー】おすすめランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名アドバンスコート
(株式会社オプス)
ハイドロAG+
(富士フィルム株式会社)
ルネキャット
(東芝マテリアル株式会社)
光触媒スプレー
(シャープ)
ケスキン
(株式会社TWO)
特徴①場所を選ばず抗菌できる! アレルギー対策にも効果的医療製品の開発に特化した富士フイルム製!大手企業による安心の独自開発商品!空気清浄機やマスクが人気のシャープ製スプレー!弱い光に反応する製品ではじめてPIAJマークを取得
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく