【抗菌スプレー】厳選おすすめランキング!安全かつ高い効果を発揮する人気商品を徹底比較で紹介します!

おすすめ抗菌スプレーランキング!

【抗菌スプレー】おすすめランキング5選!人気製品を厳選!

2021年も引き続き感染症予防が必然的となり、逐一対策することを余儀なくされました。そのため2020年から、新商品の抗菌スプレーがたくさん出た年にもなり、我々消費者にとって、このような商品は、当分なくてはならない存在になったと言えるでしょう。

しかしはじめは、そのスプレーが不足したことから、何とか調達できないものかと頭を悩ませましたが、現在では商品のバリエーションが増えたこともあり、どれがもっとも効果的なのか、買うたびに悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、ここではおすすめの抗菌スプレーを紹介させていただきますので、ぜひ参考になさってください。

今やどこのご家庭でも、抗菌スプレーなどのグッズは、当たり前のように置かれるようになったのではないでしょうか? しかし、一言に抗菌といっても、詳細をわかっているようで、わかっていない方も多いので、ここでは、抗菌について、詳しく解説させていただきます。

【抗菌・除菌・殺菌・滅菌・消毒】それぞれの違いって?



今や衛生面に気をつけるのは、命を守ることでもあるため、身の回りを清潔にすることは、誰にとっても当たり前となりました。とはいえ、感染症対策のグッズをよく見てみると、除菌や抗菌、殺菌など、いろいろな種類の○菌という言葉が使われていることがあります。

感染症対策をするうえで、これらの違いについて理解しておくと、目的に応じた的確な対策がとれるようになるでしょう。

抗菌とは?

抗菌は、「菌の増殖を抑制する」という意味を持っています。菌をそのまま殺す、あるいは除去するのではなく、菌にとって居心地のいい環境をなくすことが、抗菌が持つ働きと言えるでしょう。

近年では、さまざまな商品に抗菌加工が施されており、トイレやキッチン、バスタブなどの水廻りや、ハンカチにおもちゃ、パソコン、バッグといったものまで加工され、さまざまなものが、菌が繁殖しにくい仕様に仕上げられています。

抗菌処理には、主に次の方法が用いられているので、見てみましょう。

抗菌剤を練り込む方法

衣服の抗菌処理には、「抗菌剤」が素材に練り込まれているのが一般的でしょう。抗菌剤は主に、カテキンのような、細菌の繁殖を抑制する効果を持つものが多いですが、衣服の場合だと繊維のうえに、接着剤になるバインダーをコーティングして、さらにそこへ抗菌成分を付着させ、抗菌作用を備えたうえで販売されています。

金属を活用

銅や銀、チタンに亜鉛などの金属類は、一部の細菌を寄せつけない効果を持っています。特に銀に関しては、無機系抗菌剤となって使用されており、抗菌スプレーなどには、銀成分を含ませたものも多く出回っているのを、しばしば見かけるでしょう。

また、昔流行して世間を震撼させた大腸菌の一種、「O-157」の繁殖実験では、銅片を置いた場所だと増殖が確認されなかったため、一定の効果は期待できるでしょう。

除菌とは?

除菌には、「菌やウイルスを除去して、数を減少させる」という意味があります。菌を殺すのではなく、あくまで除去することを指しており、手を洗ったり、食器洗いや掃除といったことも、ある種除菌と考えられるでしょう。

減らす菌・ウイルスの数・種類などには、定義がハッキリと設けられているわけではありません。「殺菌」も除菌の方法のうちのひとつと見なされていますが、医薬品や医薬部外品などを除く製品で、殺菌を謳うことはできません。そのため、除菌という言葉が用いられています。

殺菌とは?

殺菌には、言葉どおりに「特定の菌を殺す」という意味があります。除菌と同様に、菌の種類や数は、ハッキリとした明確な定義はなく、すべての菌が殺せない場合でも、数が減らせれば、殺菌と言って問題ありません。

医薬品や医薬部外品に使用できる表記で、たとえば市販薬や薬用石鹸のパッケージなどに書かれているのを見かける機会が、多いのではないでしょうか?

滅菌とは?

また滅菌とは、もっとも菌を死滅させることができる方法になります。これは、殺菌のカテゴリーに含まれる言葉で、「すべての菌を死滅・除去できる」という意味があります。しかし、実際には対象の菌を100%除去できるわけではなく、菌を○%殺すことが滅菌、といった明確な定義があるわけでもありません。

ただし、法的な制限ではありませんが、日本の薬局においては、 100万分の1以下になれば滅菌というルールが設けられてはいます。

消毒とは?

そして消毒とは、細菌の活動力を鈍らせ、人体にとって害を与える物質を除去、あるいは無害化することを意味しています。生存する微生物の数を減少させるために使用されている方法で、微生物すべてを殺滅/除去ができるということではありません。どれを、どのくらい減らすかによって、高・中・低水準とグレードが分かれています。

抗菌は特に重要!

効果や果たす目的はそれぞれ異なっており、いずれも重要ではありますが、菌が増殖しづらい環境をつくることができる抗菌を、普段から意識するのは重要でしょう。清潔な環境を整えて、自分たちの命を守るための状態にすることをおすすめします。

抗菌や除菌、殺菌など、言葉を並べてみると、似たようなものがたくさんあることがわかりました。しかし、似ているようで違うというのも、またご理解いただけたのではないかと思います。

抗菌を普段の生活に取り入れることは、もちろん第一に大事ですが、家が汚いから、まずはウイルスや菌を滅したいという状況であれば、滅菌をしたうえで抗菌環境を整えるといいでしょう。


・普段から抗菌を心がけてウイルス対策しておこう!

抗菌スプレーを選ぶポイント



本当に優れた抗菌スプレーがどれなのかを判断するには、効果の高い抗菌スプレーの特徴を理解することが重要で、その特徴が選ぶポイントとなるでしょう。ここでは、そのポイントをひとつずつ紹介していきますので、ぜひチェックしてください。

効果を発揮する環境

従来の抗菌・防臭・防汚・防カビといった対策には、「光触媒」というものを利用してきました。光触媒とは、光エネルギーによって化学反応をもたらし、その結果、抗菌などの働きをする作用のことです。

ですが、光触媒は光(紫外線)を浴びないと、活性反応が起きないことが欠点でした。光を浴びない暗所の環境は、カビなども懸念されますし、そんな環境ならより効果がなければ意味がありません。

しかしその欠点を克服した製品が、現在では流通するようになりました。このような製品は、ご自宅に日当たりの悪い場所があるという方にとって、ピッタリの代物と言えるのではないでしょうか?

菌・ウイルス両方に対応しているか

同じ抗菌スプレーでも、減らせる菌や種類などに違いがあります。キッチンにはキッチンの、トイレにはトイレ特有の菌がいるため、どのような菌を減らしたいのか、また風邪や新型コロナウイルス、ノロウイルスなどにも有効なのかを、購入時に確認しましょう。

安全性

抗菌スプレーを使用する際、人体に悪影響がないかも確認しなければなりません。

たとえば試験機関であるフェースサーベイでは、次のような試験を実施しています。まず、皮膚に無刺激かを調べる「皮膚一次刺激代替試験」や、動物実験を用いず人道的かつ確かな安全性を確認する「細胞毒性代替法試験」、発がんなどの原因となる遺伝子や染色体への損傷を調べる「変異原性試験」などを実施し、商品の安全性の確保に努めてきました。

また、ディファレントという機関では、カドミウムや鉛などの含有を調べる「RoHS2.0分析」を実施しています。

このような試験をクリアしていることも、安全性を知る上で、大きな手がかりとなるでしょう。

持続期間

抗菌スプレーなどの効果は、基本的に一週間続くものが一般的ですが、中には数年単位で持続する製品もあります。仕組みのひとつとして、一度コーティングすると、効果が長期的に持続するというものがあり、このようなものは特に、多くの人が利用する施設や設備に最適でしょう。

実績

その商品のこれまでの実績を調べるのも、安全面を確かめるうえで重要です。単純に売上実績にだけ注目するのではなく、企業での導入実績などでは、食品工場といった衛生面により気を使うようなところでも実績を持っていると、さらに安心感があるでしょう。

抗菌スプレーの効果には、非常に大きな振り幅があることが、おわかりいただけたのではないでしょうか? また効果だけでなく、私たちの体にとっても、やさしいものでなければならないので、ここでまとめたポイントを押さえて、バランスのとれた抗菌スプレーを選びましょう。


・どんな場所でも効果的な安全性の高い抗菌スプレーを選ぼう!

おすすめ抗菌スプレーランキング一覧!

場所を選ばず抗菌できる! アレルギー対策にも効果的

オプスから販売されている抗菌スプレーの「アドバンスコート」は、コーティング剤という特性を活かし、ドアや壁、天井にスマホ、カーテンにテーブルなど、いったん塗布されたら、抗菌効果が長期的に続くため、手間いらずでウイルス対策できる便利グッズとなっています。

また、光触媒タイプの抗菌剤とは異なり、光がない場所でも高い抗菌効果を発揮するので、広範囲で使用できる、より便利な抗菌スプレーと言えるでしょう。

おすすめポイント

Point 1. 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への有効性が実証済み!

Point 2. 長期間持続で好コストパフォーマンス!

Point 3. 防カビ・抗ウイルス・抗菌・アレルゲン低減・消臭への効果も◎

株式会社オプス アドバンスコートの基本情報

効果持続時間 ・缶タイプ:手等が触れない場所で4~5年、日常的に触れる場所で1年
・ボトルスプレータイプ:手等が触れない場所で2~3年、日常的に触れる場所で数ヶ月持続
※上記は参考としての期間であり、実際の環境・使用場所により異なる
価格 ・アドバンスコートシリーズKF-70W 全量噴霧型防カビ抗菌剤エアゾール缶タイプ…3,960円
※8,000円以上の購入で送料無料
・アドバンスコートシリーズ KF70W スプレーボトル200ml…1万450円 ※送料無料
本社所在地 ・株式会社オプス
〒982-0804 宮城県仙台市太白区鈎取1-1-31
導入実績 ・仙台市交通局
・上信電鉄
・わたらせ渓谷鐵道
・東北福祉大学(東口キャンパス)
・せんだいメディアテーク
・仙台市市民図書館
・スリーエム仙台市科学館
・奥口内科クリニック
・クリスロード商店街  など
富士フィルム株式会社 ハイドロAG+の画像1
医療製品の開発に特化した富士フイルム製!

アルコール除菌に銀イオンの持続性も加えた、富士フイルムの「ハイドロAG+」は、病院の院内感染や、介護現場でも効果的に使用できる、医療用に特化した除菌・抗菌スプレーです。

肌に直接触れるスリッパや靴下にも使用することが可能で、足の臭いや水虫対策にも効果的とされています。アルコールが蒸発してからも、銀のパワーが除菌効果を保つので、カビが生えない環境を、およそ1ヶ月維持することができるでしょう。

富士フィルム株式会社 ハイドロAG+の基本情報

効果持続時間 1か月以上カビ抑制効果が持続
価格 ・Hydro Ag+ アルコールスプレー200ml…1,280円(税抜)/1,408円(税込)
・480ml…2,480円(税抜)/2,728円(税込)
※Amazon、Y!ショッピングにて同じ価格で販売
本社所在地 ・富士フイルム株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-3
東芝マテリアル株式会社 ルネキャットの画像1
大手企業による安心の独自開発商品!

「ルネキャット」は、東芝マテリアルによって独自開発された光触媒の抗菌剤で、太陽光や蛍光灯などの明かりに当たることで生まれる酸化力で、金やウイルスを分解する仕組みを持っています。

毒性や皮膚への刺激、アレルギー性などもチェック済みで、人体に無害かつ安全であることも保証されているので、安心・安全に使用できるでしょう。

東芝マテリアル株式会社 ルネキャットの基本情報

効果持続時間 残留している間
※正確な時間は不明
価格 ・光触媒スプレー(内容量:180g)…不明
本社所在地 ・東芝マテリアル株式会社
〒235-8522 神奈川県横浜市磯子区新杉田町8(株式会社東芝 横浜事業所内)
シャープ 光触媒スプレーの画像1
空気清浄機やマスクが人気のシャープ製スプレー!

シャープの「光触媒スプレー」は、光に反応して臭いや有害物質を看過分解する効果があり、タバコやトイレ、ペットなどの臭いに効果があるほか、雑菌やウイルスの働きを抑制することもできる、強い酸化力を持ったスプレーとなっています。

紫外線だけでなく、屋内照明の微弱な光にも反応するので、日当たりの悪い場所でも、十分に効果が発揮されるでしょう。

シャープ 光触媒スプレーの基本情報

効果持続時間 不明
※長時間としか記載されていないため
価格 光触媒スプレー(MX-AZ03JK)200ml…3,828円
本社所在地 ・シャープ株式会社
〒590-8522 大阪府堺市堺区匠町1
株式会社TWO ケスキンの画像1
弱い光に反応する製品ではじめてPIAJマークを取得

接触抗菌スプレーの「ケスキン」は、室内光だけで十分な抗菌力を発揮する、光触媒技術の抗菌剤です。菌を不活性化させるだけでなく、さらにその死骸も分解除去するため、不安の種を徹底的に取り除くことができるでしょう。

さらにその光触媒の力で、アレルゲンの原因となっているダニの死骸やフンなどを除去することもできます。

株式会社TWO ケスキンの基本情報

効果持続時間 光が当たり続けることで持続可能
抗菌効果は最長6か月
※1,000回の摩擦にも耐えられるコーティング
価格 keskinAIR 200ml
楽天=3,278円(税込)
Amazon=3,280円 ※通常配送無料
本社所在地 ・REJ株式会社
〒460-0008 名古屋市中区栄3-30-28 岩田サカエビル5F

おすすめ抗菌スプレーランキングの一覧表まとめ

イメージ1
2
3
4
5
会社名株式会社オプス
アドバンスコート
富士フィルム株式会社
ハイドロAG+
東芝マテリアル株式会社
ルネキャット
シャープ
光触媒スプレー
株式会社TWO
ケスキン
特徴①光がない場所でも抗菌・抗ウイルス・防カビ効果を発揮アルコール除菌と銀イオンのパワーを利用太陽光や電灯の力で臭い・菌・ウイルスに対抗生活修・雑菌・ウイルスを光触媒で抑制高触媒の技術でウイルスを分解除去
特徴②ダニや花粉などのアレルゲン物質も低減するスリッパや靴下に吹きかければ水虫・臭い対策になる酸化タングステンの力で臭いの元を分解紫外線だけでなく波長の弱い光でも効果を発揮菌の不活性化と死骸も分解除去
特徴③食品工場での実績多数エアコンの臭いや浴室のカビ・ぬめりにも効果的光触媒工業会によって安全性は保証済み複合機を開発した技術を応用しているダニの死骸やフンも光の力で除去
効果持続時間数ヶ月~4、5年(場所や商品タイプによる)1ヶ月以上カビを抑制する残留している間(正確な時間は不明)不明(ただし長時間としている)光が当たり続けることで最長6ヶ月の抗菌効果を維持
詳細リンク
公式リンク公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら

抗菌グッズ(製品)の主な種類



コロナ禍において、どんどん増えた抗菌グッズですが、そんな中でも強いて言うなら、抗菌スプレーや抗菌シートなどが、真っ先に思い当たるかもしれません。

ここでは、抗菌グッズには主にどんな種類の製品があるのかについて、説明させていただきます。

スプレー

抗菌スプレーが噴霧された箇所は、抗菌効果がもたらされます。使用方法としては、手に噴きかけたり、衣類や食材などに使用するタイプの商品もあります。抗菌ジェルなどの場合は、衣類や食材での使用が難しくなりますが、抗菌スプレーであれば、衣類や食器などに使用するだけなので、幅広い用途で使用できるでしょう。

シート

抗菌シートは持ち歩きに便利で、外出先でもサッと取り出して、食事の際に、おしぼり代わりにすることができるでしょう。家庭内では、お子さんが使用するおもちゃなどに使用して、逐一ウイルス対策をしてください。

なお、ドラッグストアなどで販売されているような抗菌シートだと、携帯タイプのものと、大容量の据え置きタイプのものがあります。いずれにせよ、詰め替えできるようになっているため、無くなったら詰替え用シートを補填できるでしょう。自宅はもちろん、会社のデスクや車内に置くと、何かと役立ちます。

抗菌処理製品

抗菌加工が施された製品はさまざまで、まず私たちが普段使用しているマスクも、使い捨てや洗って使えるもの問わず、抗菌仕様として販売されている商品を多く見かけるでしょう。ほかにも、アルコールなどの液体を使用するのに躊躇する、スマホやタブレット、イヤホンなどの電子機器専用の抗菌グッズとして、UVライトを発生させる箱型の製品も販売されています。

また、スマホなどの画面保護フィルムでも、抗菌処理製品のものが市場に出ています。スマホは便器よりもウイルスが発生しているとされていますし、このように常に身につけているものを清潔にしておくことは、感染リスクを減らすことができるでしょう。

抗菌スプレーは特におすすめ!

除菌とは、あくまでも、今付着している菌やウイルスを除去するだけ、菌の抑制まではしてくれません。
しかし、抗菌は、菌の繁殖を抑制してくれるので、なるべく手間をかけずに菌やウイルスを除去するなら抗菌グッズを使うのが良いですね。

特に使い勝手がいいのは、いちばんベターな抗菌スプレーでしょう。広範囲に塗布できるだけでなく、種類や製品によっては使えないものがあるものの、どんな製品にも噴射できるタイプのスプレーも販売されているので、やはり抗菌スプレーが、もっとも実用性が高いと言えます。

抗菌グッズが際限なく増えていく一方で、なんだかんだといってスプレーが盤石というのは変わりないようです。状況にあわせて、他のグッズとも併用していけば、より対策が万全になるでしょう。


・除菌より抗菌の方が菌やウイルスを抑制してくれる!
・抗菌シートより抗菌スプレーの方が様々な場所で活躍できる!
・マスクや衣類も抗菌したいなら抗菌スプレーがおすすめ!

抗菌スプレーの使用はこんな箇所・こんな方におすすめ!



それでは、抗菌スプレーをいざ使うとして、何に使用することが思い浮かぶでしょうか? まず、手に使用するのは、もっとも多いかと思われますが、周辺のものだと、どうでしょう? 意外と盲点なものが、あるかもしれません。

使用をおすすめしたい箇所

抗菌スプレーは、主に以下のようなケースで使用するといいでしょう。

マスク

外出時は、装着することが欠かせないマスクですが、特に通勤ラッシュに巻き込まれてしまうようだと、マスクに菌やウイルスがたくさん付着することが考えられます。そんなときは、マスクの外側に、しっかり抗菌スプレーを噴きかけて自然乾燥させましょう。

できれば、都度マスクを取り替えることが理想ではありますが、それをしてしまうとキリがないため、一日の中で、再度身に着けないといけないような場合の、抗菌対策として有効です。

人の手が触れやすい場所

ドアノブや、パソコンのキーボード、電源スイッチにインターホン、冷蔵庫や電子レンジの持ち手にスイッチパネル、スマホ、リモコン、ゲーム機など、人の手が触れるものには、必ず抗菌を施しましょう。手洗い前に触れたのであれば、なおさらです。

ただしこの中には、電子機器も多く該当しているため、抗菌スプレーの液体による故障も懸念されるでしょう。そんなときは、抗菌スプレーをマイクロファイバークロスに噴きかけたもので拭き取って、抗菌することをおすすめします。

使用をおすすめしたい方

また、抗菌スプレーがより必要となる人や場所などにも、特徴があります。

子どもや高齢者がいる家庭

子どもがいると、何かとものを口にくわえやすく、また外で遊んできたお子さんは、外の汚れを家の中に持ち込んでしまいやすいことが懸念されます。お子さんは、いろいろなおもちゃで遊びますし、やはりお子さんがいる家庭には、より抗菌が不可欠と言えるでしょう。

また、高齢者の場合、コロナウイルスの影響を受けやすいため、やはり抗菌スプレーをくまなく使用しておくことをおすすめします。

会社や事業所など

会社や事業所も、複数の人が行き交う場所なので、抗菌スプレーを各所に使用するようにしましょう。ドアノブやエレベーターのボタン、インターホンに会議室のような箇所は特に、マメに使用してください。

このように抗菌スプレーは、使用することが特に推奨されるケースがあることがわかります。もちろん程度は異なりますが、上記に該当しなくても、抗菌スプレーを生活に取り入れることは、みな必要となるでしょう。


・人の手が触れやすい・汚れやすい箇所があれば抗菌スプレーはより必須!

抗菌スプレーを使用する上での注意点!



ここまでの説明で、抗菌スプレーをどう使用していくべきかは、おおよそご理解いただけたかと思います。しかし、この抗菌スプレーを、誤った方法で使用している方も多いので、ここでは、そのような事態にならないよう、使用上の注意点を見ていきましょう。

噴霧後すぐは拭き取らない

除菌・抗菌スプレーを使用する際、噴きつけた直後に拭きとってしまう方が多く見られますが、スプレーがかかっている間に効果を発揮するため、拭き取ってしまうと効果が十分に得られません。

理想として拭きとるのは、噴霧後10~30秒ほど経過してからにするか、あるいはスプレーした布で、拭くという方法をとってください。なお、使用する布は、清潔なものを使いましょう。使用済みの布だと、効果が半減してしまいます。

火気のある場所での使用は厳禁

抗菌スプレーの類には、アルコールが含まれているものが多く、柿のある場所で使用してしまうと、引火する恐れがあります。また、使用の際は換気することにも気を利かせませよう。アルコールに弱く耐性がない方や、アレルギーでかぶれてしまう方もいるので、そのような場合は、液に触れることのないよう、十分に注意しましょう。

噴霧すると傷んだり故障するもの

たとえば、ワックスを施したフローリングや、ニスが塗られた家具、ソファやかばん、財布などの革製品などは、素材が傷んでしまう恐れがあります。そのような製品でも、抗菌スプレーに強い仕様のものもありますが、確かめることができない限りは、使用するのを控えましょう。

抗菌スプレーは、基本的には人体への害が少なく、幅広いものに使用できるため、コロナ禍の状況では、なお重宝するアイテムでしょう。しかし幅広く使えるとしても、何にでも使えるとは限りませんし、スプレーそのものがどこまで対応できるかは、ものによって異なるので、使用上の注意には、しっかり目を通してください。


・抗菌スプレーの正しい使い方を実践して感染リスクを下げよう!

まとめ


抗菌スプレーが必需品となっている昨今ですが、効果はどれも大体一緒…というわけではありません。そのうえ数があまりにも多く、調べだしたらキリがないでしょう。

また、職場に導入したい方、お子さんやお年寄りと暮らしている方、日当たりの悪い部屋がおうちにある方、肌の弱い方など、人によって事情はさまざまです。しかし、それらの問題をクリアできる抗菌スプレーはどんどん開発されているので、ここで紹介させていただいたポイントを考慮すれば、自分にはいま、どんな抗菌スプレーが必要なのか、見つけやすくなるでしょう。

記事一覧

ウイルス対策の基本となる手洗いはもちろん、アルコールスプレーによる手指消毒も当たり前になりつつあります。ウイルス対策商品も様々なものが販売されていますが、ウイルス対策は正しく行わなければ効果 ・・・[続きを読む]
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い感染対策への意識も高くなってきているものの、様々な感染対策の製品からどれを選んでよいか困っている人も多いのではないでしょうか?今回は感染対策の製品を選ぶ際に ・・・[続きを読む]
久光製薬株式会社  住所:(東京本社)〒100-6330 東京都千代田区丸の内二丁目4番1号 商品についてのお問い合わせ:HP内に問合せフォームあり 昨今、除菌抗菌スプレーの使用はスタンダー ・・・[続きを読む]
エア・ウォーター・マッハ株式会社 G2TAM-startset <強力・安全>手軽な消臭・抗菌スプレー G2TAMaPLUSは、気になるところに吹きかけるだけで消臭・抗菌・除菌が ・・・[続きを読む]
クリスコート株式会社 TEL:0120-899-100 HP内に問合わせフォームあり 昨今、感染症対策としてアルコールスプレーや除菌シートを持ち運ぶ人が多くなってきています。外出時に簡単に除 ・・・[続きを読む]
エステー株式会社 TEL:0120-145-230 受付時間:10:00~16:00(土・日・祝日・年末年始・夏季休暇を除く) HP内に問合わせフォームあり 近年、ウイルス感染予防対策として ・・・[続きを読む]
感染症対策のためにどんなに手洗いやマスクを徹底しても、完全な消毒は難しいです。しかし、消毒が難しい場合でも、感染対策に有効な手段があります。それが「抗菌スプレー」です。今回は、そんな菌やウイ ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社良品計画 住所:東京都豊島区東池袋4-26-3 TEL:0120-14-6404 家具や日用品、衣料品、スキンケア用品や衛生用品など、幅広い商品を展開する「無印良品 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:株式会社 土屋鞄製造所 住所[本社]:東京都足立区西新井7-15-5 TEL:0120-907-647 土屋鞄製造所が販売している「6hr.アンチウイルススプレー」は、革製 ・・・[続きを読む]
【詳細】 会社名:積水マテリアルソリューションズ株式会社 住所:東京都中央区日本橋本町4-3-6 PMO新日本橋 TEL:03- 6744-5801 「ナノトタル消臭・抗菌スプレー」は、積水 ・・・[続きを読む]
スーパーやドラッグストアにずらりと並ぶ抗菌グッズ。最近では種類が多くてどのシーンでどのタイプのグッズを使用したらいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。種類によって使える場面や範囲 ・・・[続きを読む]
感染症の予防や花粉の時期に大活躍するマスクですが、長時間着けていると不快感を感じたり、表面に菌やウィルスが付いていないか心配になることがあります。そんなマスク着用時の不安や悩みを解消してくれ ・・・[続きを読む]
新型コロナウイルスの影響により身の回りを清潔に衛生面に気を付けたい方が多くなり、感染予防を徹底しています。手指のウイルス除去は手洗いの他にもエタノールやアルコールで行う事ができます。よく聞く ・・・[続きを読む]
アルコール消毒を毎日繰り返し行うと手荒れする人も多いです。アルコール消毒は感染症予防には非常に効果がありますが、肌には刺激が強いため手荒れの原因となってしまいます。ここでは、なぜ手洗いやアル ・・・[続きを読む]
最近では一家にひとつは常備されている抗菌スプレー。ドラッグストアやスーパーマーケットなどの日用品コーナーでさまざまな種類のスプレーが並んでいます。本記事では抗菌スプレーにはどのような成分が含 ・・・[続きを読む]